2012年11月30日

ほんの少し

素材の持ち味は、いくら手を尽くしても隠すことができません
仕入れた素材の味そのものが
料理の味を決めてしまうといっても過言ではありません
当店がご提示しております料金は
当店が納得のいく素材で
お客様に十分満足していただけると思う料金を
ご提示させていただいております

自画自賛ではありますが
これくらいの価格ながら
名店ひしめく京都・祇園でお出ししても
なんら遜色ない素材で
京都ならではの技術を駆使して作り上げるお料理を
お召し上がりいただけるのは
お客様にとって
とてもお値打ちなのではと考えています

また、産地を厳選した国産の素材を使うことによって
日本の市場の縮小に少しでも歯止めをかけることは
お客様にとっても
巡り巡って利益をもたらすものと考えています

いろいろと偉そうにごたくを並べましたが
今日は、毎年この時期に
フグのコースを召し上がりに来てくださる方のため
4.4キロの天然のふぐをご用意しました😃
F1000435.JPG
「姫路になかったら、神戸まで行こうと思とった」
ほんと、姫路にあってよかった・・・
他にも
のどぐろ
F1000433.JPG
地元で採れた赤貝
F1000434.JPG
脂の載った天然のもみじ鯛
F1000436.JPG
焼いて,造りで、お鍋でも
せっかく忘年会をするのなら
いつもの・・・ではなく
ほんの少しの贅沢で
とってもお得な
いづみで是非💠

posted by 若おかみ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

出来上がりました

6キロのからすみが完成です
F1000402.JPG
日本酒に合いすぎます・・・
本会席からお付けいたします
単品でもご注文いただけます
先日京都の市場で関サバがありました
お店の人に
「出荷番号(1匹づつ証明書に番号)が付いてないの知っとってですか?」
(=播州弁:京都弁では知ったはりますか?標準語ではご存知ですか?の意味)
ときくと
「わーホンマやexclamation×2
と隣の人にも見せてはりましたわーい(嬉しい顔)
うちもこの前買ったら付いてなくて慌てて漁協に電話したら
「すいません機械が故障してまして・・・」
ということでした
お腹の所をお寿司でお出しすると
「上等のとろみたい黒ハート
とおっしゃっておられました
posted by 若おかみ at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

京都へ再び

相国寺にいる親戚から
紅葉が見頃なのでどうぞとお誘いをいただき
行ってきました
法堂の八方にらみの龍や龍の鳴き声に
感動しすぎて
何度も手をたたいたり
上を見上げて「ほんまやー!」を連発したり
私的には一番おすすめのお寺です

開山堂の前のお庭は
昨日の報道ステーションのお天気のバックで使われました
行った時にはちょうど撮影準備の真っ最中で
たった5分の中継に7〜8時間もかけて準備されているとは
持ち込まれている機材と人数もとっても多くてびっくりしました
F1000408.JPG
もっと美しい映像は報道ステーションのホームページをどうぞ

京都の歴史に詳しい伯父に案内してもらっての
楽しくためになる観光の前は
お決まりの市場めぐり
F1000403.JPG
この鮪のお腹(ちょうど真下)は嵐山の料亭Kさん(私の叔父お店がこの隣にありました)
うちの横は祇園のS木さんがちょうど買われていました。
明日ご予約いただいてるお弁当にいれさせていただきます。








posted by 若おかみ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30